あなおさんのTVレビュー



全1096件

アメリカの黒人差別問題
アメリカの黒人差別問題に関する2つのプレゼンテーション

・Searching for Whitopiaの著者でジャーナリストのリッチ・ベンジャミン

・Counting Descentの著者で詩人のクリント・スミス

渡邊嘉典教授不正研究問題の背景
シュゴシンを発見し、42歳の若さで東大教授に大抜擢された渡邊嘉典教授。

これら研究不正の裏側には国の科学政策が関係すると考える人がいる。2001年小泉政権時代に科学の世界にも競争の原理が取り込まれた。

このことで、研究者交付金以外に競争的資金を獲得するにはインパクトファクターの高い有名雑誌へ掲載実績も影響するようになった。

今後、これらの行き過ぎた競争にどう対応するか、アメリカの例などを参考にするべきとも言われている。

人間ってナンだ?超AI入門 第12回「働く」

NHKEテレ 東京
2017年12月22日 (金) 22:00
(00:45)
人とAI、人とロボットの関係
・一極集中の制御システムからより人間的なサブファンクションアーキテクチャも開発されつつある。

・バックプロパゲーション(誤差逆伝播)が脳でも行われているかもしれない。

・人間の認知の仕組みが世界の認知になっているのではないか。

・人間らしさって何か? 松尾豊准教授は人間が生産活動をしなくて良くなっても部族ごっこが続くのではないか? と考える。
セクハラ、コソボ復興
・セクハラがアメリカで問題視されている。アメリカや日本はジェンダー指数が非常に低く、女性の地位が低く格差やセクハラの問題に繋がっている。ジェンダー指数が高い欧州ではアンコンシャス・バイアスに注目が集まっている。アンコンシャス・バイアスで、女性のやる気を削いでいないか?、成長の機会を奪っていないか?、ひとりひとりが今一度言動を見直すことが重要。

・2008年に独立を果たしたコソボでは、観光の誘致を勧めている。
ICANノーベル平和賞受賞、トランプ大統領イェルサレムをイスラエルの首都に
・核廃絶を訴えるNGO団体ICANがノーベル平和賞を受賞した。ノーベル賞にはこれまでの実績を讃える意味合いと今後の活躍に期待を込めて贈られる意味合いがある。今回は核廃絶に向けた一歩という扱い。

・トランプ大統領がイェルサレムをイスラエルの首都と認める法律の執行にサインした。これは国際社会というより、次の中間選挙を見据えた国内向けのアピールとも考えられている。
北朝鮮兵士逃亡、AI兵器
・北朝鮮兵士亡命から10日/アメリカは北朝鮮をテロ支援国家に指定

・AI兵器が現実のものになるつつある現代、国際レベルでの開発規制に向けた早期取組が望まれる
北朝鮮兵士亡命、サウジアラビア
・北朝鮮兵士、板門店(パンムンジョムで韓国へ亡命するものの、40発もの銃弾を受け意識不明

・サウジアラビアでは、ムハンマド皇子が石油に頼らない2030ビジョンを打ち出し、IT産業育成、再エネビジネス、観光産業、娯楽産業、女性の地位向上、公務員改革などが進められており、多くの王族が汚職などの罪に問われ逮捕されている

オイコノミア「経済学で考える 人生は運か努力か?」

NHKEテレ 東京
2018年1月5日 (金) 00:30
(00:45)
シリーズ:
オイコノミア
ユーザ編集のシリーズ情報
経済を覆う未曽有の閉塞感。一向に回復の兆しを見せない景気。一方で積み上がる巨額の赤字国債と、その暴落のうわさ。派遣など、雇用形態の変化と若者の就職難…。こんな時代だからこそ、「経済学的な知の体力」を身につけて、時代の荒波を乗り越えていこう!という、これからの日本を担ってゆく若者たちへメッセージを送る番組。

キャスト
又吉直樹 (ピース)

講師(交互担当)
川口大司(一橋大学准教授)
安藤至大(日本大学准教授)
大竹文雄(大阪大学教授)
安田洋祐(政策研究大学院大学助教授)
佐々木百合(明治学院大学教授)
運か努力か
成功は運か努力か?

・成功要因は外的要因(運)と内的要因(努力)に分けることができる。

・外的要因には、他者の評価の影響を受けるハロー効果もある。

・自分の成功が運と捉える人は、努力と捉える人より、寄付や税金に寛容さを示す。社会全体にとっては富の再分配を可能にする重要な要素と言える。

・一方で、成功は運次第だと思うと生活保護ギリギリの人たちの労働意欲を削ぐかもしれない。

・そこで経済学では、過去の成功は運、将来の成功は努力によって決まると、分けて考えると良いと考える。

・実際に、ロバートフランクの研究によると運2%実力98%の割合で10万人がトーナメントすると最大実力者が優勝する確率は21%だという。

・競争が少ない分野ではまだしも、競争が激しい現代こそ、成功が実力にのみよるとは言い難いと考えられる。

クローズアップ現代+「夫婦げんかで子どもの脳が危ない!?」

NHK総合 東京
2017年12月13日 (水) 22:00
(00:25)
友田朋美先生
福井大学友田明美先生とハーバード大学の研究で、夫婦喧嘩の暴言が子供の脳を実際に毀損していることがわかった。

子供は、幼児性万能感のため夫婦喧嘩の原因を自身に求めたりして自己肯定感も下がりやすいのかもしれない。
COP23
2017年11月、ドイツのボンでCOP23が開催された。1995年に始まった地球温暖化対策の為の国連会議で23回目、参加国は197カ国になる。今回はCOP21で採択されたパリ協定(2050年までにCO2排出量をゼロにする)の実行に向けたルール作りが主題。

イギリスやフランスは2040年までにガソリン自動車の販売禁止を予定している。デンマークでは2050年までに全ての電力を再生可能エネルギーで賄う目標を立てている。それを可能にする技術としてEVに電気を貯める蓄電の仕組みが開発されつつある。
留学生という名の外国人労働者
今、ベトナムからの留学生数が劇的に増えている。背景には日本政府が打ち出した2030年までに留学生を増やす計画とそれによって伸びる日本語学校の数、更に出稼ぎ目的で斡旋する業者の存在がある。

ベトナム人留学生の多くは借金をして来日し、借金返済のために法的に労働可能な時間数を超えた労働を強いられている。

現代日本に生きる我々は、このような外国人労働力の搾取に無関心であることはできてももはや無関係でいることはできない、深刻な社会問題となりつつある。

クローズアップ現代+「アラフォー・クライシス」

NHK総合 東京
2017年12月14日 (木) 22:00
(00:25)
就職氷河期世代がアラフォーに
現在のアラフォー世代は就職氷河期世代。

新卒で正規雇用の職に就職できなかった人たちの多くは非正規雇用を繰り返し、2008年にはリーマンショックの煽りで派遣切りに遭い、40代になった今も給与は20代の頃と変わらないケースも多い。

運良く就職できた人も当時不況のために研修を控えた企業が多く20代の頃に学習の機会に恵まれず、更にバブル期に多く採用した世代が上につかえる為、出世・昇給が遅れている実態が明らかになった。

今この世代は7040問題に突入している。本人たちの努力以外の部分で社会構造が産み出したこの問題に社会として取り組んで行く必要がある。
シリーズ:
月曜から夜ふかし
ユーザ編集のシリーズ情報
世間で話題になっている物事を「○○の件」カードをもとに深く掘り下げ、トークやVTRで盛り上がる。

番組オープニングでは「この番組は、世間で話題となっている様々な件に対して、ちょっとだけ首を突っ込んだり突っ込まなかったりする番組です。」と紹介。

MC
村上信五(関ジャニ∞)
マツコ・デラックス
渋谷ニュース、ユニークな宿、調査依頼
・渋谷で個人的ニュースを聞いてみた件
・全国のユニークな宿を調査した件
・視聴者からの調査依頼に応えてみた件

行列のできる法律相談所

日テレ
2017年11月12日 () 21:00
(00:54)
耐えられないので自首しますスペシャル
ゲストは、関ジャニ∞の丸山くん、フリージャーナリストのモーリーさん、モデルの松島花さん、にゃんこスター。

法律相談は上司からアルバイトへの告白はセクハラか?
全1096件






あなおさんのLike番組