レビューアー情報


じゅげむさんのTVレビュー



全665件

上野さんは不器用 #5

TOKYO MX
2019年2月5日 (火) 01:05
(00:15)
ジャンル:
シリーズ:
-
とても狙いのはっきりしたアニメで見やすいです
ツンデレ上野さんと鈍感田中くんのやりとりが単純に楽しいです。

上野さんが恥ずかしさに悶え苦しむ様子が毎回のピークですねw

どろろ #5

TOKYO MX
2019年2月4日 (月) 22:00
(00:30)
ジャンル:
シリーズ:
-
手塚先生にも観てほしかった……
以下若干ネタバレ含みますのでご注意。

小学生の頃、原作を読んでのめり込んでいた身としては嬉しいアニメ化。とにかく絵が美しい。世界観の演出もばっちり。キャラデザはなんと浅田先生なんですか。なるほどねえ。

最初からどろろがヒロインとして可愛く描かれてるのはちょっと個人的に微妙ですが、今期のアニメの中では間違いなく楽しめる良作です。

手塚先生のバンパイヤもアニメ化しないかなあ……。
シリーズ:
月曜から夜ふかし
ユーザ編集のシリーズ情報
世間で話題になっている物事を「○○の件」カードをもとに深く掘り下げ、トークやVTRで盛り上がる。

番組オープニングでは「この番組は、世間で話題となっている様々な件に対して、ちょっとだけ首を突っ込んだり突っ込まなかったりする番組です。」と紹介。

MC
村上信五(関ジャニ∞)
マツコ・デラックス
評価のみ投稿
シリーズ:
サイエンス
ユーザ編集のシリーズ情報
「サイエンスZERO」は、最先端の科学が垣間見せてくれる、スケール感あふれる不思議な世界を視聴者の皆さんと一緒に旅する番組です。
130億光年かなたに見える宇宙の起源、巨大地震や豊かな資源を生み出す地球のダイナミクス、そして極小の世界で繰り広げられる量子の振る舞い・・・。そこには想像をはるかに超えた世界が広がっています。また不老長寿に挑む医療技術やエネルギーを生み出す環境技術は、私たちの未来を大きく変えようとしています。
もちろん、科学が見せてくれるのは遠い世界の出来事ではありません。宇宙の成り立ちは私たち生命の物語につらなり、不思議な振る舞いの量子は私たちの体を作る物質そのものです。科学は、私たちが今まさに生きている世界の不思議さをひもとき、未来への道しるべを与えてくれるのです。
さあ、日曜の深夜、忙しい日常の中でふと立ち止まり、時間・空間を超越した魅力あふれる世界の旅に出発しましょう。
評価のみ投稿
ジャンル:
関連ワード :
シリーズ:
きらきら
ユーザ編集のシリーズ情報
笑福亭鶴瓶と松嶋尚美(オセロ)の2人で、日常の出来事やお題(質問に対する観覧者の返答)を中心にトークを繰り広げる。
評価のみ投稿
こういう生き方もあるのか!
8か月かけてオリジナルの時計をひとつ作って売る……。

こういう生活が成り立つことがすごい。職人としての技量ですね。

この8か月の生活を密着していて、いろいろ思うところがありました。

こころの時代~宗教・人生~「積極的感受」

NHKEテレ 東京
2019年2月3日 () 05:00
(01:00)
評価のみ投稿

徹子の部屋 萩本欽一&徳光和夫

テレビ朝日
2019年1月31日 (木) 12:00
(00:30)
関連ワード :
シリーズ:
徹子の部屋
ユーザ編集のシリーズ情報
『徹子の部屋』(てつこのへや)は、テレビ朝日(番組開始時の旧社名:日本教育テレビ(NET))系列で平日 13:20 - 13:55(JST)に放送されているトーク番組で、黒柳徹子の冠番組。

毎回1組のゲストを招いて、テーブル上に広げた資料を元にインタビューしながら対談を進める。ごく初期を除き、それ以外の企画内容はないため、一般的に「トーク番組」として認知されている。黒柳の現在の文化人的キャラクターや「終戦特集」などを企画するなど、「お上品な番組」としてイメージされがちだが、毎年末にはタモリに芸を披露させたり、2000年代後半頃からは『アメトー ーク!』とコラボレーションするなど、番組発足以来、バラエティ番組としての性格をいまも有している。
評価のみ投稿

人間ってナンだ?超AI入門 シーズン2 第3回「発想する」

NHKEテレ 東京
2019年1月28日 (月) 00:45
(00:45)
藤田先生ゲストで面白さ倍増♪
最初はAIに対して敵対意識丸出しだった藤田先生がだんだんデレていく様を楽しむ回でした(笑) 最後は徳井さんに「先生、完全に育てる側に回ってますやん」と言われる始末(笑)

それはそうとイラスト関係は自分の仕事にも直結するので興味深く拝見しました。Paints Chainerも当然知っていて、実際に着色を試したこともあります。これは結構インパクトありましたね。アニメ塗りや油絵の厚塗りなど選択できるようになって製品化されれば絶対買うレベル。

選択といえば、番組中でも「選択は最終的に人間がする」といっていたのが印象的でした。Paints Chainerはあくまでも、こういう塗り方があります……という候補を提示するだけ。最終的には人間が選ぶ、と(※ここで大いに安心していた藤田先生にも笑い)

AIが人間の創造分野にどう切り込んでいくのか、それを人間側がどう受け止めるのか、これからも注視していきたいですね。
全665件



じゅげむさんのLike番組