じゅげむさんのTVレビュー



全414件

激レアさんを連れてきた。

テレビ朝日
2017年10月9日 (月) 23:15
(01:00)
これは面白いw
養毛剤のおばちゃんとかもう理論破綻してますやんw

でも本当の天才ってこういう人かもしれないですね。

くわばらくわばら。

キングオブコント2017!

TBS
2017年10月1日 () 19:54
(02:54)
ジャンル:
シリーズ:
キングオブコント
ユーザ編集のシリーズ情報
「THE MANZAI」(CX)、「R-1ぐらんぷり」(KTV)および過去に実施されていた「M-1グランプリ」(ABC)と同様、決勝戦が全国放送される吉本興業主催のお笑い王者決定戦であり、その名の通り「コント日本一」を決める大会。ピン芸人の即興コンビは出場できないが、一般参加の即興コンビは出場可能。
アキナの「あ゛ーーー!!」が印象に残りました
本気でネタを創ってるんだなあ、としみじみしました。お笑いってやっぱり素敵。

タモリ倶楽部

テレビ朝日
2017年10月14日 () 00:20
(00:30)
関連ワード :
シリーズ:
タモリ倶楽部
ユーザ編集のシリーズ情報
『タモリ倶楽部』(タモリくらぶ、英称:Tamori Club )とは、テレビ朝日系列にて1982年(昭和57年)10月8日から田辺エージェンシーとハウフルスの共同制作で放送されている深夜バラエティ番組である。タモリが司会を務める冠番組。
評価のみ投稿
ジャンル:
関連ワード :
シリーズ:
-
人はなぜ大食い番組を観てしまうのか?
 私もついつい観てしまうのですが、なぜ観てしまうのか説明ができません。やはり食欲……欲に根差しているから? ? ?

 それにしても一回で6キロも7キロも食べる人の身体の構造はいったいどうなっているのだろう……。

張り紙パイレーツ!

テレビ朝日
2017年10月4日 (水) 02:00
(00:25)
シリーズ:
張り紙パイレーツ!
評価のみ投稿
五つの臓器をとってもなお現役
それを「しゃあない」と言い切ってしまう姿勢もすごいですね。
http://www.excite.co.jp/News/entertainment_g/20171013/Bunshun_4495.html
ジャンル:
シリーズ:
クレイジージャーニー
ユーザ編集のシリーズ情報
独自の目線や強いこだわりを持って
世界や日本を巡る人々(=クレイジージャーニー)が
スタジオに集結し“その人だから話せる”、“その人しか知らない”…
常人離れした体験談を語る!
さらに、クレイジージャーニーの新たな旅に同行し、「自分じゃ行かないけど、見てみたい!」…
そんなエリアに潜入する!
死者に対する考え方・接し方がまったく違う
 地域によってこれだけ、弔い方(※個々の場合は祭り方?)が違うんだなあ、と感心しました。

 死体とずっと暮らす地域もあるし、本当に世界は広い。

いまドキッ!埼玉[S]

テレ玉
2017年10月7日 () 08:30
(00:30)
ジャンル:
シリーズ:
-
評価のみ投稿

渡辺篤史の建もの探訪

テレビ朝日
2017年9月30日 () 05:00
(00:25)
関連ワード :
シリーズ:
渡辺篤史の建もの探訪
ユーザ編集のシリーズ情報
『渡辺篤史の建もの探訪』(わたなべあつしのたてものたんぼう)はテレビ朝日系列で放送されている住宅情報番組で、渡辺篤史の冠番組。テレビ朝日と日本ケーブルテレビジョン(JCTV)の共同制作であり、長寿番組でもある。

建築作品として評価できる住宅を、俳優・渡辺篤史が訪ね、紹介する番組である。渡辺自身の建築に対する深い造詣から、施主・設計者の建築意図や設計思想にまで踏み込んだインタビューやコメントを行っている。ナレーターも渡辺自身が勤めている。
取り上げる住宅は主に東京及びその近郊に建てられたものが多いが、まれに特別企画としてそれ以外の地域の住宅を紹介する場合もある。
番組の中盤では、施主及びその同居家族、建物の完成年月、構造、敷地面積、建築面積、延床面積を紹介。番組最後には物件の間取り図、建築費及び坪単価を紹介するが、物件によっては費用が非公開の場合もある。
なんでもほめる渡辺さん(笑)
 嫁さんが好きなのでたまに一緒に観てます。

 しかし何気ないところをよく拾ってほめますよね、渡辺さん。本当に感心してしまいます(笑)
関連ワード :
シリーズ:
さんまのお笑い向上委員会
ユーザ編集のシリーズ情報
司会の明石家さんまが「工場長」ならぬ「向上長」と称し、若手お笑い向上委員会メンバーと共に、日本のお笑い界の傾向と対策を探り出す、というのが一応のテーマとなっている。実際には、芸人同士のフリートークに近い。
評価のみ投稿
シリーズ:
開運!なんでも鑑定団
ユーザ編集のシリーズ情報
『開運!なんでも鑑定団』(かいうん!なんでもかんていだん)は、1994年4月19日からテレビ東京系列で毎週火曜日20:54 - 21:54(JST)に放送されている鑑定バラエティ番組。字幕放送(一部地域のみ。テレビ東京などは再放送でも実施)。通称は「鑑定団」「なんでも鑑定団」。過去に当番組は民放連賞優秀賞受賞、橋田寿賀子賞受賞した。

様々な人が持っている「お宝」を、専門家(主に古美術品やアンティークショップの経営者が中心)が鑑定し、値段付けを行う。意外なものが高価な鑑定結果を得たり、高価だと思われていたものが偽物などで安価になってしまうという意外性や、鑑定物に対する蘊蓄が堪能でき、人気になる。鑑定の結果、埋もれていた芸術家や芸術作品が発見されたこともあった。

流れとして基本は著名人・一般視聴者・出張なんでも鑑定団・一般視聴者の順で、不定期で「幻の逸品買います・私のお宝売ります」が挟み込まれることがある。まず著名人・一般視聴者登場前に人となりのVTRが流され、今田耕司の「依頼人の登場です」のコールで出演者を呼び寄せる。その後お宝披露・お宝に関するVTR解説(著名人の場合はない場合がある)・鑑定・鑑定額予想・鑑定額発表・鑑定人の解説といった流れで進行する。また著名人は画面向かって右に設けられたゲスト席に座って番組に残り、エンディングまで出演、一般視聴者の鑑定にも立ち会う。
評価のみ投稿

オイコノミア「みんなで考えよう メンタルヘルスの経済学」

NHKEテレ 東京
2017年10月4日 (水) 22:00
(00:45)
シリーズ:
オイコノミア
ユーザ編集のシリーズ情報
経済を覆う未曽有の閉塞感。一向に回復の兆しを見せない景気。一方で積み上がる巨額の赤字国債と、その暴落のうわさ。派遣など、雇用形態の変化と若者の就職難…。こんな時代だからこそ、「経済学的な知の体力」を身につけて、時代の荒波を乗り越えていこう!という、これからの日本を担ってゆく若者たちへメッセージを送る番組。

キャスト
又吉直樹 (ピース)

講師(交互担当)
川口大司(一橋大学准教授)
安藤至大(日本大学准教授)
大竹文雄(大阪大学教授)
安田洋祐(政策研究大学院大学助教授)
佐々木百合(明治学院大学教授)
仕事への裁量権って大事だな
 自分は割と裁量権をもらっているので、楽に仕事できているの幸運です。

 社員のメンタル不調が長期的には企業の不利益になるというのも納得。

 あと人はほっておくと長時間労働しがち……というのは悲しいですが、納得ですね。身近にそういう人多過ぎですから。

 食べるための仕事か、仕事のために食べるか……そこを意識しながら「機嫌よく生きていられる」かどうかを常に大事にしたいですね。

多臓器不全のトリガーは腎臓なのか……
 腎臓って本当に臓器のかなめなんですね……。やってる仕事多過ぎ!

 薬とサプリの飲み過ぎは腎臓が可哀想だからやめようと思いました。

 そしてりんと寿命の関係はまだ解明中とのことですが、この先の研究が気になりますね。
全414件






じゅげむさんのLike番組