歴史ドキュメンタリ


全479件

日本の祭り傑作選

TOKYO MX
2018年7月21日 () 12:00
(00:55)
シリーズ:
日本の祭り
シリーズ関連ワード
関連ワード :
シリーズ:
ぶらり途中下車の旅
ユーザ編集のシリーズ情報
週替わりで毎回芸能人が旅人となり、公共交通機関を利用して気ままな旅をする。主に関東地方を旅しており、関東の鉄道路線はほぼすべて取り上げている。頻度は少ないが路線バスや船を利用することもある。

番組名にぶらりとはあるが、実際には行く先々の店などは、駅からぶらりと歩いて来られるどころか3kmも離れているところを紹介することもあり、場合によっては(取り上げている路線以外の)他線区から行った方が早いというケースも存在する。稀に駅周辺で出会った人の自家用車に乗って、1時間以上離れたところに行くケースもある。相当長い距離を歩き、ぶらぶらしているうちに隣の駅までいつの間にか着いていることもしばしばある。

通常は途中下車した駅周辺で最低1箇所「あれ?」などのリアクションをした後どこかに立ち寄るが、稀なケースとして途中下車はしたが駅周辺のどこにも立ち寄らずに次の駅に行ってしまったケースもあった。

移動中の電車の映像は、前の訪問地から次の訪問地への間の地点で撮影するのが原則だが、撮影時間の都合などで、稀に過去に撮影した映像を繋げることがある。

比叡の光

TOKYO MX
2018年7月21日 () 08:45
(00:15)
ジャンル:
シリーズ:
比叡の光

ピタゴラスイッチ「なにやらふしぎな歌スペシャル!」

NHKEテレ 東京
2018年7月21日 () 07:45
(00:15)
シリーズ:
ピタゴラ
ユーザ編集のシリーズ情報
ピタゴラスイッチ』は、2002年4月9日からNHK教育テレビで放送している、子供たちの「考え方」を育てる幼児向けのテレビ番組である。

『第25回 みかたをかえてみる』が、第三十回 日本賞 子ども番組の部で最優秀賞を受賞(総理大臣賞)。また、「プリ・ジュネス2004」(ミュンヘン)で「6歳までのノンフィクション部門」最優秀賞受賞。

世界の現象・ピタゴラスの定理・原理や特徴を楽しく紹介するというテーマのもと、「スイッチ」や「しくみ」を主として、興味と知識を得られるような題材が数多く登場する。毎回付けられる副題は前半の人形劇のテーマで、車だん吉や井上順等が声優として出演している。内容の大部分は後半に放送するいくつかの小さなコーナーで占められる。

デザインあ(148)「うたスペシャル」

NHKEテレ 東京
2018年7月21日 () 07:00
(00:15)
シリーズ:
デザインあ
ユーザ編集のシリーズ情報
身の回りにあるものをデザインの視点から見つめ直すことで、「デザインの面白さ」を伝えつつ、子供達の「デザイン的な視点と感性」を育むことを番組の目的としている。
番組スタッフの中心となるのは、全体の構成を担当する佐藤卓(グラフィックデザイナー)、音楽を担当するコーネリアス(ミュージシャン)、映像監修を担当する中村勇吾(インターフェースデザイナー)の3名。子供向け番組であるものの、トップクリエイターにより細かい部分まで作り込まれた映像表現や、一流クリエイターのインタビューが大人でも楽しめる内容と評価されている。
シリーズ:
明日へ1min.
ユーザ編集のシリーズ情報
AKB48のホープ・岩田華怜(いわた かれん)が、被災地支援番組「明日へ1min」の中で新しいシリーズのナビゲーターを務めることになりました。
タイトルは「カレンの復興カレンダー」。このサイトの中で被災地で暮らす人たちが書きつづっているブログ「現地発、明日へブログ」から、毎回一つの記事を紹介します。リアルな被災地の生活の様子と、そこに暮らす人々の思いがつづられているブログ。それを、宮城県出身で自らも被災した岩田華怜が紹介します。
関連ワード :
シリーズ:
アナザースカイ
ユーザ編集のシリーズ情報
毎回ゲストを1人招き、ゲストの興味深い人生を掘り下げていく。「海外にある第2の故郷」、「憧れの地」をテーマにトークが進められる。ワールドリサーチャー(ゲスト自身が務めることもある)が実際に海外ロケに赴き、その様子がVTRで流れる。セットは空港の高級ラウンジをイメージされたものとなっている

【出演者】
今田耕司
岸本セシル
全479件








Google 検索結果
Loading...
Loading...