キヨレオさんのTVレビュー


福岡単身赴任中のテレビっこ

全3523件

マツコ&有吉の怒り新党

KBCテレビ
2014年3月26日 (水) 23:15
(01:00)
シリーズ:
マツコ&有吉
ユーザ編集のシリーズ情報
「ちょっと腹立つけど、これ怒っていいですか?」という視聴者から募集したメールに対して、マツコ・デラックスと有吉弘行が怒っていいかどうかを判定する。視聴者から寄せられた日々の怒りに白黒つけるべく、新たな政党「マツコ&有吉の怒り新党」を旗揚げしたという設定で、マツコが幹事長、有吉が政調会長としてトークを展開する。2人のトークの総裁として番組プロデューサーの藤井智久が、番組中、総裁秘書に扮した夏目三久に電話をして軌道修正をさせる。なお、夏目にとっては本番組が日本テレビ退社後初のレギュラー番組となる。

【出演者】
有吉弘行(有吉政調会長)-キャッチコピーは「子どものけんかに親が出る」
マツコ・デラックス(マツコ幹事長)-キャッチコピーは「仏の顔も三度まで」
夏目三久(総裁秘書)夏目のみフルネームで表示。

【番組の流れ】
・国民からの怒り
番組のメインコーナー。火曜深夜時代はほぼすべての回がこのコーナーだけで構成されていた。ネオバラに移動してからは放送時間が拡大されたこともあり、番組終盤の15分間は下記のミニコーナーが放送されるようになった。頻繁に使用されるBGMはEDテーマと同じ。

・新・3大○○調査会
2011年10月5日放送開始。「日本三景」「日本三大祭り」などの有名な3大括りに隠れ、一般に知られていない3大括りがあるとして、あるテーマに対し、有識者がそのテーマにおけるトップ3を決定。それを元にしたプレゼンを行い、有吉とマツコがコメントする。
今回の新3大は大傑作!
きょうの「新3大 山本和範のここ一番で証明した不死鳥ぶり」は傑作!特に福岡人は必見!度重なる戦力外の通告にも、そのたびに不死鳥のように蘇った山本選手、引退を決意した最終戦の福岡での一発は涙なくして見られない。

ガラポンTV保有者用頭出し再生リンク
http://site.garapon.tv/g?g=1SJP7FE51395843300&t=1921

連続テレビ小説 ごちそうさん(150)「とんだごちそう」

NHK総合 福岡
2014年3月29日 () 08:00
(00:15)
半年間ごちそうさんでした!
最終回もこのドラマらしかった!良かったね、め似子!
最後まで“食”のテーマを貫いたブレなさは見事としか言いようがない。そしてよくある“全員でおめでとう!”みたいな予定調和シーンを避ける、引いた目線が最終回も健在。
“脇とはこうあるべき”という源太や室井さんも最後までいい味を出しまくりで、本当にすばらしい朝ドラだった。
もう一回、昼の再放送もチェックします。ごちそうさんでした!
シリーズ:
-
福岡にゆかりの野球史を紹介
トークをはさみながら高校野球からプロ野球まで福岡にゆかりの野球史をオムニバス風に紹介。冒頭はまだ記憶に新しい昨年夏の県大会準決勝 門司学園の9回裏の片山選手の逆転サヨナラホームラン。これは中継を見ていても鳥肌モノだった。そして名将仰木監督、つづいてホークス中田賢一、最後はやっぱりこの人!王貞治さんへのロングインタビューで振り
返る福岡ダイエーホークスの歩みで締めくくり。

テラスハウス

テレビ西日本
2014年3月17日 (月) 23:15
(00:30)
シリーズ:
テラスハウス
ユーザ編集のシリーズ情報
番組の主人公は、“どこにでもいそう”だけど“手の届かない”男女6人。舞台は、今、若者の間で話題になっている「シェアハウス」。6人は、海辺にたたずむ一軒の家で、縁もゆかりもない同士で共同生活を始める。そのシェアハウスの様子を四六時中カメラで追いかけ、彼らの生活にあふれる、誰もが憧れるようなキラキラした青春・友情・恋愛・夢、そして、嫉妬・挫折といった、リアリティショーならではのさまざまなドラマを、すべて記録していく。
そこにあるのは、あなたが知っているようで知らない、今の本当の若者たちの姿。彼らのリアルな感情と最新のライフスタイルを、最先端の音楽と目を見張る臨場感たっぷりの映像とともにお届けする、本格的なリアリティショーが、この秋、開幕する!!
バイブスでいき過ぎた洋さんに熱いお灸が
一回飛ばしたことに気づいて至急過去のHDを検索!まだ残ってて良かった。
けっこうみんな現実に帰った今回。バイブスでいき過ぎた洋さんはついにテラスハウスを旅立つ決心を!

LIFE!~人生に捧げるコント~「やってみようスペシャル」

NHK総合 福岡
2014年3月18日 (火) 22:00
(00:50)
こういう変化球の回もアリ!
これまでに特番を重ねて来ただけあってLIFEは、今回のような変化球でも楽しめる。ややもすると本来のLIFEじゃなくなってしまうリスクもあったけど、軽々とクリアしてたと思う。

福岡恋愛白書9 月と太陽を見上げて

KBCテレビ
2014年3月21日 (金) 23:15
(01:00)
ジャンル:
シリーズ:
-
KBCらしい地域ドラマ
視聴者から寄せられた実話にもとづくラブストーリー。たわいもない、ベタなストーリーだけど、オール福岡ロケで、LINEなどの小道具の使い方から、太陽と月の対比までけっこう楽しめた。小嶋陽菜もなかなかいい味の役ぶり。こういう地域ドラマもありですね。

失恋ショコラティエ #11

テレビ西日本
2014年3月24日 (月) 21:00
(01:09)
読後感が良かった
このドラマはいったんは脱落しかけたけど、その後はけっこうハマって見続けた。やっぱりこれは12セグで見るべしではあったけど。
爽太が結局3人に振られるというエンディングは読後感良し。

ザ・ドキュメンタリー のれんが消える日 博多屋台の半年間

TVQ九州放送
2014年3月21日 (金) 11:00
(00:30)
地元民放の秀作ドキュメント
地元民放のTVQが、市の決めた屋台条例を受け手、存続に悩む若い屋台主2人の半年間に迫ったドキュメンタリー。でもホント屋台条例は何とかするべきだと思う。屋台は文化だよ!

ドラマ24 なぞの転校生 #11

TVQ九州放送
2014年3月22日 () 00:12
(00:40)
てっきり最終回かと思った
このシリーズはオリジナルの少年ドラマテイストと岩井俊二テイストが程よくマッチして楽しめる!今回はラストのアスカと典夫の「泣いてみよ」「泣いてみたいです」から始まって、アスカの「うるさい」に終わるやりとりが自分としてはツボ!
ジャンル:
関連ワード :
シリーズ:
-
岡田准一のこだわりを感じさせるトーク
官兵衛の役作りをはじめ、歴史モノへの造詣が感じられる岡田准一さんのトークが聞きもの。
こんなに美味しそうで悲しい葬式のシーンはない!
いつもリアルタイムで見てたんだけどこの回は珍しく録画視聴。
かっちゃんの葬式をついにあげるめ似子。手帳に書いてあった料理を再現した食葬とでもいうべきシーン。そういえば、かっちゃんは兵隊さんたちに“ごちそうさん”って言ってもらいたくて戦争に行ったんだった。活男の死からめ似子が立ち直ったのも“食”だったし、そして家族やみんなで弔うのも“食”…。このドラマのブレなさはすごいな!美味しそうで泣ける葬式シーンは秀逸。
そしてなんと来週でいよいよ最終回ではないですか!!ホント、悠太郎さん早く帰って来てくれ!
最後はみんないい医者になっちゃった
実は天才脳外科医だった岡村くんの力を得て、チームドラゴンが桜井先生のオペを見事に成功!そしたら悪の権化みたいだった野口もすっかりいい人に。
どうでもいいが「俺は信じている。ここにいる全員が100%の力を出しきったときのチームの力を。」とか叫んでいる間に少しでも手術を進めた方がいいのに!とか思ったけどまぁテレビだからね。

月曜ミステリーシアター「隠蔽捜査」第10話

RKB毎日放送
2014年3月17日 (月) 20:00
(00:54)
ジャンル:
関連ワード :
シリーズ:
月曜ミステリーシアター
こちらも次回が最終回か
けっこう楽しみながら見ているこのドラマシリーズもいよいよ次回が最終回。
前後編の2回セットで進んでいて、今回の国会議員誘拐事件も今回が前編。警視庁と神奈川県警という縦割りの中での同期コンビの活躍はいかに。そしてひそかに復活を狙う上條の陰謀も!

テレビはネットでどこまで変わる?~放送と通信 世界最前線~

NHK総合 福岡
2014年3月21日 (金) 22:00
(00:50)
シリーズ:
テレビは
方向はすでに示された!
録画でやっと視聴!テレビの進む方向はコレしかない、あとは具体的な方法論、そして成功例。気になるトピックスもいろいろ、Netflixが変えつつあるのはテレビの編成、ハイクオリティかつ、ハイエンゲージメントなコンテンツ、時間と場所に縛られない話題の醸成装置、時刻の共有…。画面には内外の知り合いも多数出てた。

僕のいた時間 #11

テレビ西日本
2014年3月19日 (水) 22:00
(00:54)
三浦春馬の演技がとにかくすばらしかった
このドラマは今クールの中で、いわゆるドラマの質という点では最高だった思う。よくあると言えば、よくある難病ドラマなんだけど、なによりもまず三浦春馬の演技が良かった。全編通して良かったけど、最終回でも秀逸だったのは、人工呼吸器をつけて目の動きでPCを操って言葉を発するところの演技など相当しっかり作り込んでいたはず。
それに応える演出も良かった。たとえば最終回、彼が自分の病気のことをたくさんの人の前で語るシーンでは、これまでのストーリーを彼の講演でまさに視聴者とともに振り返っているんだけど、その演出もほとんどが彼の語りと周りの人の表情のみでつなぎ、過去のシーンの再生はきわめて限られていて、その抑制された演出が冴えていた。そして2人のボトルメッセージで起承転結を締めくくるあたりも完成度が高かったと思う。

チーム・バチスタ4 螺鈿迷宮 #11

テレビ西日本
2014年3月18日 (火) 22:00
(01:09)
終末期医療というテーマが秀逸だった
今回のチーム・バチスタは舞台となった終末医療専門の病院というのが良かった。ミステリーを追求しつつも、毎回、人の命とは?を問いかけつつ、それがまさにミステリーの主題にもなるという壮大な仕掛け。演技達者のキャストも良かった。
3年の年月が被害の深刻さを物語る
科学者たちによる放射能汚染の実態調査に密着した3年間。印象的な事柄とともに放射能被害の深刻さが迫ってくる。中でも初回、車を追いかけていつまでも走り続けたワンコのパンダが、腎臓を患いながらも元気に頑張っていた事、そして、5万羽の養鶏を失った高橋さんが、なんと家を購入した直後に亡くなっていた衝撃の事実も明らかに。あぁ、原発事故がもたらした人々の運命の激変に言葉がないよ。

ドラマ24 なぞの転校生 #10

TVQ九州放送
2014年3月15日 () 00:27
(00:40)
笑っちゃうシーンも展開
異世界から来た人たちには思わず笑っちゃうシーンも。今回も「王妃から逃れて、たまにはのんびりしましょ」みたいなアゼガミとスズシロが寛いでいるのは単なる近所の喫茶店だし、そこで自分のアイデンティカを見つけたと思ったら、なんと2人は夫婦になっていて、アゼガミとスズシロ自身もほっこりしちゃうシーンは思わず大爆笑。ってなうちに、王妃が刺されてしまう展開に〜!!
全3523件






キヨレオさんのLike番組