ただいま検索中です
日付:過去2週間
時間帯:0-24時
ジャンル:情報/ワイドショー
放送局:全放送局
番組情報との一致 全1062件

HKTバラエティー48

KBCテレビ
2018年2月26日 (月) 01:40
(00:30)
関連ワード :
シリーズ:
-

チャギハ!

RKB毎日放送
2018年2月26日 (月) 01:15
(00:30)
シリーズ:
-

チェッキュウ!!

TVQ九州放送
2018年2月25日 () 23:54
(00:06)
ジャンル:
シリーズ:
-

サイエンスZERO「おいしい!のカギ 食感のひ・み・つ」

NHKEテレ 福岡
2018年2月25日 () 23:30
(00:30)
シリーズ:
サイエンス
ユーザ編集のシリーズ情報
「サイエンスZERO」は、最先端の科学が垣間見せてくれる、スケール感あふれる不思議な世界を視聴者の皆さんと一緒に旅する番組です。
130億光年かなたに見える宇宙の起源、巨大地震や豊かな資源を生み出す地球のダイナミクス、そして極小の世界で繰り広げられる量子の振る舞い・・・。そこには想像をはるかに超えた世界が広がっています。また不老長寿に挑む医療技術やエネルギーを生み出す環境技術は、私たちの未来を大きく変えようとしています。
もちろん、科学が見せてくれるのは遠い世界の出来事ではありません。宇宙の成り立ちは私たち生命の物語につらなり、不思議な振る舞いの量子は私たちの体を作る物質そのものです。科学は、私たちが今まさに生きている世界の不思議さをひもとき、未来への道しるべを与えてくれるのです。
さあ、日曜の深夜、忙しい日常の中でふと立ち止まり、時間・空間を超越した魅力あふれる世界の旅に出発しましょう。

サイエンスZERO「おいしい!のカギ 食感のひ・み・つ」

NHKEテレ 北九州
2018年2月25日 () 23:30
(00:30)
シリーズ:
サイエンス
ユーザ編集のシリーズ情報
「サイエンスZERO」は、最先端の科学が垣間見せてくれる、スケール感あふれる不思議な世界を視聴者の皆さんと一緒に旅する番組です。
130億光年かなたに見える宇宙の起源、巨大地震や豊かな資源を生み出す地球のダイナミクス、そして極小の世界で繰り広げられる量子の振る舞い・・・。そこには想像をはるかに超えた世界が広がっています。また不老長寿に挑む医療技術やエネルギーを生み出す環境技術は、私たちの未来を大きく変えようとしています。
もちろん、科学が見せてくれるのは遠い世界の出来事ではありません。宇宙の成り立ちは私たち生命の物語につらなり、不思議な振る舞いの量子は私たちの体を作る物質そのものです。科学は、私たちが今まさに生きている世界の不思議さをひもとき、未来への道しるべを与えてくれるのです。
さあ、日曜の深夜、忙しい日常の中でふと立ち止まり、時間・空間を超越した魅力あふれる世界の旅に出発しましょう。

ぞっこんRKB

RKB毎日放送
2018年2月25日 () 23:19
(00:06)
ジャンル:
シリーズ:
-
ジャンル:
シリーズ:
-

Mr.サンデー

テレビ西日本
2018年2月25日 () 22:00
(01:15)
シリーズ:
Mr.サンデー
ユーザ編集のシリーズ情報
『Mr.サンデー』(ミスター・サンデー)は、フジテレビ系列で、2010年4月18日から毎週日曜日の22:00 - 23:15(JST)に生放送されている情報番組。関西テレビとの共同制作で放送されている。

司会
宮根誠司
滝川クリステル

プチめんたい

FBS福岡放送
2018年2月25日 () 20:54
(00:06)
ジャンル:
シリーズ:
-

cafe 7

TVQ九州放送
2018年2月25日 () 19:54
(00:06)
ジャンル:
シリーズ:
-

バリバラ「ヘルパー不足解消大作戦」

NHKEテレ 福岡
2018年2月25日 () 19:00
(00:30)
シリーズ:
バリバラ
ユーザ編集のシリーズ情報
「日本初の障害者のためのバラエティ番組」と銘打ち、障害者自身が(時には自らの障害をネタにして)笑わせることを目指した番組である。この企画を立ち上げるに当たり、チーフプロデューサーを務めた日比野和雅は、「『きらっといきる』の中で障害者の等身大の姿をどのように伝えるか模索してきた結果、これまで描かれなかった障害者のエンターテインメント性を打ち出したバラエティーに挑戦することにした」と語っており、障害(者)を笑うのではなく、障害者と一緒に笑いあいながら、バリアフリーを考える番組を目指したという。

バリバラ「ヘルパー不足解消大作戦」

NHKEテレ 北九州
2018年2月25日 () 19:00
(00:30)
シリーズ:
バリバラ
ユーザ編集のシリーズ情報
「日本初の障害者のためのバラエティ番組」と銘打ち、障害者自身が(時には自らの障害をネタにして)笑わせることを目指した番組である。この企画を立ち上げるに当たり、チーフプロデューサーを務めた日比野和雅は、「『きらっといきる』の中で障害者の等身大の姿をどのように伝えるか模索してきた結果、これまで描かれなかった障害者のエンターテインメント性を打ち出したバラエティーに挑戦することにした」と語っており、障害(者)を笑うのではなく、障害者と一緒に笑いあいながら、バリアフリーを考える番組を目指したという。
番組情報との一致 全1062件


除外指定