wammyさんのTVレビュー



全3690件

日曜美術館「円空 飛騨巡礼の旅」

NHK教育
2012年12月16日 () 09:00
(00:45)
関連ワード :
シリーズ:
日曜美術
ユーザ編集のシリーズ情報
「日曜美術館」は、1976年4月にスタートし、37年目を迎えました。
絵画、彫刻、工芸、現代アート、古今東西、さまざまなジャンルのアート作品をじっくりと観賞しながら、作品に込められた巨匠の思いや、卓越した技法の秘密、作品を生みだした時代の息吹など、“美”にまつわる珠玉の物語をお届けします。スタジオには、アートに熱い思いを寄せる著名なゲストをお招きし、独自の視点で、作品の魅力をたっぷりと語っていただきます。

そして、ご好評いただいているシリーズで、アートをより身近に感じていただきます。
ひとりの巨匠の世界を10の傑作から掘り下げる「夢の傑作10選」。
魅力的な旅人が、話題の美術館やアートスポットを訪ねる「アートの旅」。
番組後半にお送りする15分の「アートシーン」では、全国で開催されている、おすすめの展覧会情報を凝縮してご紹介。お出かけしたくなる情報が満載です。
日曜の朝、世界一流のアートを味わう“至福のひととき”、ぜひ、ご覧ください。
円空は32才から仏像を彫り始め64才で即身仏になった
円空最晩年の作品として紹介された清峰寺の
聖観世音菩薩(せいかんぜおんぼさつ)
十一面千手観音菩薩(じゅういちめんせんじゅかんぜおんぼさつ)
竜頭観世音菩薩(りゅうずかんぜおんぼさつ)の三体は微笑みを湛え、見る人の心を落ち着かせる。
ウィキペデイアによれば即身仏とは修行者が瞑想を続けて絶命し、そのままミイラになることとある。
この言に従えば、円空は死して仏となった。
一方、円空没後20余年を経て生まれた木喰上人は木喰行により即身成仏して61才頃から仏像彫刻を始め、90才過ぎまで掘り続けた。
即身成仏(そくしんじょうぶつ)とは、仏教で人間がこの肉身のままで究極の悟りを開き、仏になることとあり、木喰上人は生き仏となってから、仏像を彫りをはじめたことになる。
円空仏も木喰仏も微笑みで人の心を癒してくれる。
インドの受賞作品「農場が私の教室」を観る。親子3代で伝統野菜作り。皆、屈託がない。何と豊かなんだ。
インドは人口も国土面積も日本の約9.4倍。
それなのに、農産物の自給率は油脂類以外で100%を超えていると言われている。
この作品で紹介された自然農法による伝統野菜栽培も自給率100%の一翼を担っているのだろう。
太陽の下、家族そろって野良仕事、それが日本の原風景だったのに、日本人はそうした生活を遠の昔に忘れてしまった。
日本の農産物自給率40%、小さな国土に原発54基、これが日本人の豊かな生活。
今日の高齢者未来の高齢者すべての人にささぐと言われてもなあ。何を受け取ってよいのやら
明日は我が身ですよって言うメッセージを伝えたかったのかな。
1975年のアメリカ映画『カッコーの巣の上で』をマイルドにしたようなストーリー仕立てで、まあ観てお
いても損はないと言ったところ。

特報首都圏「どうなる?どうする?日本のダンス」

NHK総合
2012年12月14日 (金) 19:30
(00:28)
関連ワード :
シリーズ:
特報首都圏
ユーザ編集のシリーズ情報
関東甲信越地方で起きている様々な社会情勢や身近な問題点をドキュメンタリーや記者リポート、また有識者などのスタジオインタビューなどを通して検証していく。番組中にメールやtwitterから寄せられた意見も画面下に表示して紹介している。

公式Twitterアカウント
https://twitter.com/nhk_tokuho
風俗営業法で踊るダンス規制には無理がある
ダンスは音楽と一体となった文化であり、風俗営業とは関りがない。
六本木界隈の風紀の乱れを正すために、駅前のダンス教室の営業も規制するというのでは、「角を矯めて牛を殺す」の譬えどおりになってしまう。そんなバカな道理はない。
モンゴル帝国襲来に対し、日本は神風に救われた。一方、ベトナムはゲリラ戦法でモンゴル軍を撃退した。
後年、日本は第二次世界大戦で神風を信じ米国と戦ったが最後に原爆を落とされ終戦に至った。
一方、ベトナムはベトナム戦争でゲリラ戦法で米国と戦い、独立を勝ち取ったが、枯葉剤を散布されてしまった。
原爆と枯葉剤は罪のない多くの人々の未来を奪った。
戦争ほどむごいものはない。
少数民族ピダハンは自分達の言葉を「まっすぐな頭」と呼び、外国人の言葉を「ねじれた頭」と呼ぶ
彼らの言葉には色とか時とか数字に関する言葉がない。」
と彼らと長年生活し彼らの言葉をしゃべれる元宣教師の言語学者が語っていた。
何とも不思議な言葉らしい。
「全ての言語は普遍文法を備えている」という言語学の定説に対し、この言語学者は「ビダハン語には普遍文法が存在しない」と異説を唱えたため、学会の権威筋からは猛反発をうけているとのこと。
そりゃそうだ。言葉を繋ぐ普遍文法「リカージョン」がなければ物語は成立しない。
したがって、宣教師として布教に必要な旧約聖書も翻訳しようがない。
ということは、感覚的に言えばビダハンの言葉はエデンの園で使われていた言葉とつながっているのだろうか。
この番組を観ながら思考は飛躍しすぎるぐらいに広がっていった。
ビダハンの民はこれからも彼らの「エデンの園」で生活していくことができるのだろうか。
いや、「エデンの園」にとどまってほしいと願った。
「まっすぐな頭」とはひたすら現在に生きて、一日一日をあるがままに受け入れる思考言語なのではないか。
「ねじれた頭」で考えると不安や後悔が頭を駆け巡り、幸せからどんどん遠のいてしまう。普遍文法を備える言葉を持つ民族の宿命なのかもしれない。
関連ワード :
シリーズ:
カンブリア宮殿
ユーザ編集のシリーズ情報
『日経スペシャル カンブリア宮殿 〜村上龍の経済トークライブ〜』(にっけいスペシャル カンブリアきゅうでん むらかみりゅうのけいざいトークライブ)は、テレビ東京系列局などの地上波テレビ局、日経CNBCで放送されているトーク・ドキュメンタリー。通称「カンブリア宮殿」。
日本経済新聞社(日経新聞)の冠スポンサー番組、及び村上龍の冠番組。2010年5月31日放送分で放送回数が200回、2012年6月28日で300回となる。
この最年少社長は小学校4年生頃まで雪が降っていても半袖短パン靴下なしで生活していたとさ
「物心ついたときからその格好で、でも貫き通さなければ・・・」と笑顔で言った。
そして「人と違うことをやってもいいという自覚は持っていましたね。」と言い切った。

果たして世の親はこう言わしめる教育をわが子に授けることができるだろうか。

日本もフィンランドを学び、
「教育こそが組織や企業、国全体の競争力を高める道」の理念に基づき、
「教わる」教育から「自分の力で考える」教育へ大きく方向転換する時期に来ている。
インターネットが普及した社会では自分で考える力がなければ活きていけない。
シリーズ:
地球イチバン
ユーザ編集のシリーズ情報
ありえないけどウソじゃない!「地球でイチバン○○な場所」という究極の地を訪ねる紀行エンターテインメント番組。

公式Twitter
https://twitter.com/nhk_ichiban
発想力をふくらませるフィンランドの教育はすばらしい!
「教育こそが組織や企業、国全体の競争力を高める道」の理念に基づき、
「教わる」教育から「自分の力で考える」教育へ大きく方向転換し、
それを実現したフィンランド国民の勇気に賛辞を送りたい。

番組の中、絵本を読み聞かせていた母と子の会話をここに書き記す。
母 「なぜ猫はいつも意地悪するのかしら」
子(年上) 「オレガボスなんだって強いんだよって見せたかったのかな。命令させろ偉いんだって」
母 「なぜそうしたのかしら」
子(年下) 「勇気がないから」
母「そう本当は勇気がないのね」

オンカロを建設しているフィンランドと原発54基を保有する日本。
未来に対する思考の違いに愕然とする。

オンカロとは(はてなキーワードより転載)
フィンランドの高レベル放射性廃棄物の保管施設。フィンランド南西部のオルキルオト島に建設中。
フィンランド内の原発から出る放射性廃棄物を22世紀まで格納していき、入口を厳重に封鎖する。放射能がなくなる10万年後まで誰も立ち入れないようにする計画。

NHKニュース7

NHK総合
2012年12月12日 (水) 19:00
(00:31)
日本維新の会石原が昨日「小沢のバカが出てきて」と言ったのに続き今日も役人のバカ政治家のバカと演説していた。
「人をバカバカいうバカは己のバカを知らぬなりけり」とことわざにもある。
人をバカバカいう80才石原老人は敬老に値せず。
憲法改正してでも戦争したい石原の口車に乗ったら、戦争に駆りだされるのは石原本人でなく、30代20代の若者だ。そんな理不尽なことは許さない。
今回の総選挙で憲法改正し国防軍を創ると言っている自民党に対しても戦争反対の意思を投票によって示すべきだ。
マスコミと結託した自民公翼賛政治はあまりにも危険だ。
後悔先に立たずにならないよう投票に行こう。
福島をずっと見ているのに、見えないものが人々の心を引き離す
やりきれない気持ちになったが、原発を止めても使用済み核燃料の処理とは永遠にかかわっていくことになる。それが厳しい現実だ。
シリーズ:
ファミリーヒストリー
ユーザ編集のシリーズ情報
第一線で活躍する著名人をゲストに迎え、その家族史を徹底取材。本人も知らない家族の秘話を紹介します。
VTRを初めて見たゲストは、何を感じ、何を語るのか。それは自らの「アイデンティティ」や「家族の絆」を見つめることにつながります。
驚きあり、涙ありのドキュメントです。
「出川哲朗の母親こそマンマミーアの鏡。でも、芸風や痛いほどのサービス精神は父親譲りのようだ。
出川家の家訓「いつまでもあると思うな親と金 いつまでも無いと思うな運と災難」。
出川哲朗はこの家訓を守り、いじられ役の災難を買って出て運がなくなるのを防いでいるようにも見える。
いずれにしても、頑張れ出川!応援してるぞ。

NNNドキュメント「魂が眠っている 遺された赤紙」

日本テレビ
2012年12月10日 (月) 01:40
(00:30)
シリーズ:
NNNドキュメント
ユーザ編集のシリーズ情報
『NNNドキュメント』(エヌエヌエヌドキュメント)とは1970年から放送を開始したNNN系列のドキュメンタリー深夜番組である。

全国ネットの番組であるが、制作がキー局のみでないことも特徴。毎週各地域の局が制作し(「持ち回り」という形ではない)現在注目されている諸問題から地域の暮らしにまで至る幅広い分野について地域の視点を交えるなど、制作局の特性を生かした内容を特集する。
放送テーマは平和・福祉・環境・教育・雇用などであり、総じて硬派のテーマが多い。ほのぼのとした話題が織り混ぜられる場合もあるがその場合も地域が抱える問題を浮き彫りにしたり(夕張市再建問題や国公立病院閉鎖問題、郵政民営化に関する僻地問題など)、それに対する新たな取り組みなどを紹介する内容(シャッター通りの問題とSHIPを採り上げた「商店街の“モーニング娘。”」など)が多い。

スクープや速報性を追わず派手さを極力排し、大きな事件・事故についても一定の評価が固まるまでじっくりと取材を重ねた後に放送される。そのため放送時間帯も相まって番組自体は非常に地味ではあるが、内容は一般に良質である。また報道被害に関する問題など、自戒の念をこめた内容の番組が放送されることがあることも特色であるといえよう。
一度視るなり、このドキュメンタリーは現代人必見の映像と確信した。
すべてのガラポン視聴者にこのドキュメンタリーを是非ご覧頂きたいと思う。
偏向報道を繰り返すテレビキー局には絶望していた面があったが、このドキュメンタリー制作のテレビ信州には報道の良心が受け継がれているようだ。その旺盛なジャーナリズム精神にふれることができて少しホッとした。地方局未だ健在なり。
マスコミ業界も地方分権を積極的進め、多元的な情報発信体制を目指すべきだと思う。
60秒飛ばしで視聴してみたが、膨らましやCMがライブの3倍はあったな
てんぷらでも衣が3倍もあったら胃にもたれてしょうがない。折角の素材も台無しだ。
おまけに今噂の自民党の”トレモロスCM”も見せられ、すっかり食傷気味になった。
視聴者には大枚はたいて地デジ対応させたのだから、テレビ局はもう少し工夫しなくちゃ。

ささやかな幸福論~新橋酔いどれ天使~

フジテレビ
2012年12月9日 () 14:00
(00:55)
ジャンル:
関連ワード :
シリーズ:
シリーズ関連ワード
新橋を振り出しに一年365日~~流しのおっさん気取っていい味出してたなあ
流しはやっぱり昭和歌謡がいい。
幸せについての代表的な歌詞はこれだ。
「幸せは歩いてこないだから歩いて行くんだね
一日一歩 三日で三歩 三歩進んで 二歩さがる」
また、こんなのもあった。
「しあわせってなんだっけなんだっけ
あほとアホとの思いやり」
人間同士、幸せのカタチに左程の違いはないのだろう。
病を得て年金だけで老後を生きられなくなったら、躊躇することなく生活保護を受けるべきです。
離婚すれば病身の妻が生活保護を受けれるのなら、逡巡することなく離婚して生活保護を受ければいいのです。
精度上の問題と割り切って、「妬まず、くさらず、落胆せず」の希望を胸に秘めて、何があっても最期まで生ききることが高齢者の使命であり、生きがいであると思います。
シリーズ:
ファミリーヒストリー
ユーザ編集のシリーズ情報
第一線で活躍する著名人をゲストに迎え、その家族史を徹底取材。本人も知らない家族の秘話を紹介します。
VTRを初めて見たゲストは、何を感じ、何を語るのか。それは自らの「アイデンティティ」や「家族の絆」を見つめることにつながります。
驚きあり、涙ありのドキュメントです。
コロッケさんの祖父は昭和19年38歳で召集され、終戦の年の4月フィリッピンで戦死した。
家族のことを思い、死に臨んで胸は張り裂けんばかりだっただろう。
戦争で解決できる問題は何一つない。
ただただ、怒りと悲しみをもたらすだけだ。

Rの法則「結婚」

NHK教育
2012年12月5日 (水) 18:55
(00:30)
結婚式は益々バブリーになっているなあ
結婚式があたかも結婚の目的になっているようだ。
出演の結婚カウンセラー久保田祐子さん曰く「結婚式の準備中に別れる人は結局合わない人なんですよ。だから逆によかったじゃないですか。未然に防げてよかったと思えばいい。」だって。
婚約なんて何の重しにもならないんだ。
カウンセラーにとってはリピーターが増えていいのかもしれないな。
いずれにしても今の若者の結婚感がそれなりに理解できたような気がした。
政見放送はガラポンTVで全党まんべんなく視聴することをおすすめします。
テレビの政見放送だけでなく、インターネット上の情報により各政党の公約や政策等も比較検討して、選挙が終わってから後悔しないように、賢明な投票行動をとることが必要です。

NHKニュース7

NHK総合
2012年11月26日 (月) 19:00
(00:29)
野田首相、政治家の本分は国民と約束したことを約束したとおりにやり抜くことですよ
このニュースの10分45秒あたりから、有名なシロアリ演説と同じ調子で、野田首相は「自分たちで決めたことを決めたとおりに守り抜くそういう戦う集団作りたい。」と絶叫していました。
「消費税増税の前にシロアリ退治をする」と言った国民との約束はどこへいってしまったのでしょうか。
野田首相は言い逃れできたとお思いでしょうが、約束を破られたと思っている国民の多くは忘れやしません。約束を違えたことに対する責任は今回の総選挙でしっかりと取ってもらうことになるでしょう。
教育現場の一括外部委託が始まるのではないか
派遣教師受入れを認めているのだから、授業を一括アウトソーシングしても文科省は関知しないのではないか。
派遣教師の広がりが教育現場に何をもたらすのかの検証については突っ込み不足だ。
全3690件






wammyさんのLike番組