ただいま検索中です
全 63 件

  • グランメゾン東京 第7話「ガレットシャンピニオン」 (2019-12-01 21:00放送)
    今回も及川光博が実に良かった!
    やっぱりキムタクは周りの役者を引き立たせる力があることを確信。今回も及川光博が実にいい味を出している。父親、そしてプロフェッショナルの両方の顔を実によく演技で出していた。またエリーゼ役の太田緑ロランスも好演!
  • 設楽統の妄想ドキュメンタリー (2019-10-06 03:05放送)
    なんちゃってプロフェッショナル。なんちゃってアナザースカイ。なんちゃって情熱大陸。面白かった。
    面白いね。こういう番組。以前アメトークでもこんなのやってたけど。1つの番組にしちゃうというところが冒険してるなと思う。
  • アメトーーク! ツッコミ芸人が選ぶ「このツッコミがすごい」 (2019-09-26 23:20放送)
    深いぜツッコミ学
    ツッコミが簡単だとは思わないが、プロフェッショナルなツッコミ学が聞けて新鮮だった。フット後藤さんも参加して欲しかった。さまぁ~ず三村さんとか。
    TVレビュアー、さんぺ
  • アメトーーク! ケイスケホンダ芸人 (2019-03-21 23:20放送)
    さすが ケイスケ ホンダ おもしろい
    ケイスケファンが大集合です。
    とにかく本田選手の魅力を語りまくってます。
    プロフェッショナルのネタは面白かった。
  • コンフィデンスマンJP【長澤まさみVS大病院の悪徳理事長かたせ梨乃】 #05 (2018-05-07 21:00放送)
    今回も騙しのテクニックが最高!
    いきなりの「プロフェッショナル」のパロディから始まり、女医のシーンでは当然のように「ドクターX」、そしてオペ中は最近よくある血が飛び散るシーン、これは「ブラック・ペアん」かな?そして、あっと驚く結末と山田孝之のサプライズ出演と最後まで思い切り楽しめました。さすがです
  • 時論公論「2017衆院選 働き方改革 長時間労働どう是正」竹田忠解説委員 (2017-10-17 23:55放送)
    働き方改革を巡る状況は混沌としてきた
    衆議院解散がなければ11月の臨時国会で大きな議論となっていただろうと思われるのが働き方改革。

    長時間労働規制、同一労働・同一賃金については、政・労・使(政府・日本労働組合総連合・経団連)のトップが集まって合意したためスムースに進み始めていたが、そ政府が趣旨の異なる”高度プロフェッショナル制度”・”裁量労働制の拡大”を含めて1本化した法案を提出する方針を示したことで、状況は混沌としいた。

    どのような規制や改正が本当に必要なのか、論戦が求められる。
  • サラメシ「シーズン7 第15回」 (2017-09-14 12:20放送)
    十勝平野 巨大コンバイン 24時間体制で小麦を刈り取る!刈り取る!刈り取る!
    そんなハードな仕事をこなす彼らの愛妻弁当が凄すぎる!
    年に一度の小麦収穫。
    家族みんなで張り切ってます。

    いっぽう死ぬまでにNHKに出たいという83歳の林業営むおじいちゃん。
    このおじいちゃんがイヤイヤ
    カッコイイ!
    チェーンソーさばきがプロフェッショナル!
    そんなおじいちゃんを59年支えた愛妻弁当が凄い良いです。
  • プロフェッショナル 仕事の流儀「研究者・山中伸弥」 (2017-09-11 22:25放送)
    プロフェッショナル 仕事の流儀「研究者・山中伸弥」
    ノーベル賞学者が登場!夢の「iPS細胞」を作り出した研究者・山中伸弥。その極秘の研究現場に世界初密着!“天才”の意外な素顔、生命科学の根幹に迫る新たな研究とは?
  • ナカイの窓「バカリズムを知る人SP」[字] (2017-08-16 23:59放送)
    私、寝ているバカリズムの頭を避けて歩いたことがあります(笑)
     番組的にはバカリズムのいろんな面を観られて良かったです。

     でも基本的にプロフェッショナルでドライなんだなあ、と再確認。やっぱり好きだなあ。

     そしてタイトルの件ですが、これはバカリズムの単独ライブ「電子頭脳2」でのことです。最後のコントを終えた舛野さん、なんとそのまま舞台で寝てしまったんですね(※もちろんそういう役で寝た演技をした、ということです)

     そこで観客は会場をあとにするわけですが、何せ狭い箱(池袋文学座の近くだったと記憶してますが……)だったので、舞台を通って退場するお客さんもいっぱいいたわけです。

     その中の一人が私だった、というわけですね。当時も「すごい演出するなあ……」と感心した覚えがあります。だって演者が寝たままで終わるライブってあります!? しかも客が次から次へとその演者を避けて退場するって!?

     そういうところも含めてやっぱりバカリズムは天才だと思わざるを得ませんね。
  • CRISIS公安機動捜査隊特捜班【巨悪に規格外なチームが挑む!】 #01 (2017-04-11 21:00放送)
    期待していたよりは、地味かなあ、、、。
    結論から言うと、面白かったです。初回の枠の中でメンバーのキャラを満遍なく紹介しようとすると、どうしてもストーリーが散らばりがちな訳ですが、上手くまとまってましたよね。無理が無かったというか。

    ただ、それぞれがプロフェッショナルなのはわかるんですけど、淡々とし過ぎているというか、冷め過ぎな感じがしました。まあ、一般人にとっての非日常がこの人達の日常な訳ですから、リアルっちゃあリアルな訳で。今後の展開が楽しみです。西島秀俊もいいけど、小栗旬。やっぱりカッコイイですね。

    最後の回想っぽいシーン。迷彩服の小栗の発砲なんですけど、銃声はもうチョイ軽い方が良かったような。消音器付けても音はするもんですが、もう少しだけ腰のないスカっとした銃声の方がリアルですかねえ。

    今クールで一番期待しているドラマです。次回も超期待!
  • 目撃!日本列島「91歳の“深夜食堂”~長崎 佐世保~」 (2017-03-04 11:30放送)
    91歳 深夜食堂を切り盛りして70年 パワフルなおばあちゃん。
    面白かった。
    ちょっと前の
    「ドキュメント72時間」みたいな感じの内容。
    でもおばあちゃんを見ていると
    「プロフェッショナル」
    で放送しても全然違和感無いと思う。
    いつまでもお元気で頑張ってほしーなと思った。
  • プロフェッショナル 仕事の流儀「真夜中の東京スペシャル」 (2017-02-27 19:30放送)
    いろいろなプロフェッショナルな人たちの24時間。
    「あらあら、豆助は知ってるわよね?」
    と豆助が出て来そうな、某チャンネルのあの番組にちょっと構成が似てるかな。気のせいかな。
    欲張って無理して何人も出してる感がある。
    気が散ってしまった。
    やはりこの番組はじっくりと1人の人に焦点を当てた方が良いと思います。
  • プロフェッショナル 仕事の流儀「建物を変える、街が変わる~建築家・大島芳彦」 (2017-01-16 22:25放送)
    建築家ってオシャレに作るだけで住んでみるとイマイチと思ってましたが...
    まず、先入観として建築家の方はオシャレにデザインして自己満足して引き渡すイメージがありました。住んでみて時間が経つと住みづらい。
    しかし、この方は私の先入観を飛び越えたところにいた。

    大家さんと話して話して大家さんの意識も変える、最終的には待ちの人達の意識を変える。

    任せることで当事者意識をなくす人達にそうさせないように工夫しているんだと思う。

    プロフェッショナルっすね。勉強になりました。
  • アメトーーク! 情熱大陸出たい芸人 (2016-11-17 23:15放送)
    もし情熱大陸に出るならこんなオープニングやりたい!という芸人達 集合
    みんな憧れてるんですね。
    もしやるならこんなオープニングやりたい!というわけで皆さんの各オープニングを拝見。
    良くできてます。
    面白いです。
    プロフェッショナルもやるってところがまた面白い。
  • アメトーーク! 情熱大陸出たい芸人 (2016-11-17 23:15放送)
    もう出てそうな人ばかり
    ひとりさん、品川さんなんかはもう出てそうですけどね。
    どれも「ぽい」けど、その中でも自分的には岡田さんのがいちばん「ぽい」かなと思いました。プロフェッショナルもいいですよね。この世界の人としては両方コンプリートしたいんだろうねww
  • 逃げるは恥だが役に立つ 第1話 (2016-10-15 15:00放送)
    妄想好きな痛快OLコメディ。情熱大陸やプロフェッショナルの入れ方が絶妙で笑えます。
    実際にはありえないような話だけどね。
    ガッキー演じるOLのキャラが面白い。
    こんな娘今時いるのだろうか?
    最近はドロドロしたドラマが多い中で
    こういう楽しいドラマは貴重。
    とにかく見ていてスカッとする。そんなドラマ。
  • 情熱大陸【ミルコ・デムーロ/JRA初の所属外国人ジョッキーとなった男の日本愛】 (2016-04-17 23:25放送)
    苦労を見せない明るいプロフェッショナル
    総額獲得賞金28億円と、ナンバーワンの実力者。しかし、明るく飄々と勝ち星をあげて、苦労を見せないのがミロコ風だと感じた。
    もちろん裏では途方もない努力と苦労をしているのだと思う。
    こう言ったプロフェッショナルにも学ぶ所が多い。
  • プロフェッショナル 仕事の流儀▽一期一会、人生を運ぶ~引越作業員・伊藤秀男~ (2016-04-04 22:25放送)
    カンブリア宮殿には勝てんよ。
    日通の海外引っ越し業務・・・。
    同じ日通でも、3月24日放送のテレビ東京の
    カンブリア宮殿には遠く及ばない番組内容。

    プロフェッショナルに必要ないタレントや芸人を
    使うようになってから視聴率は激下降だろう。

    プロデューサーはわかってないな。
  • カンブリア宮殿【全長40mの巨大物体も仏像も!何でも運ぶ日通のスゴい現場】 (2016-03-24 22:00放送)
    段取り八分、よくわかるが想像を絶する
    風力発電の羽を運ぶのに準備が3年!安全に運ぶために関係署の許可を得て歩道を切り下げ、標識を引き抜く。うーん、さすがのプロフェッショナルですね。思わず唸ってしまった。こういう慎重さは自分も見習いたいが。
    仏像の運送もものすごい緊張感でしょうね。作業中の担当の方の汗がそれを物語ってる。でもこういうの、これまでに失敗とかないのかな?それもちょっと知りたいかも。
  • クローズアップ現代「捨てた食品が食卓に~大量廃棄の裏で~」 (2016-02-02 01:00放送)
    食品だけじゃない
    今回の事件は食品でなおかつ有名なカレーチェーンからの流出だから記事になりやすかったが、いわゆる産業廃棄物、例えば汚泥とか絞りかす等を山奥に廃棄して逃げるという例は沢山あるそうだ。責任あるプロフェッショナルであってほしいですよね。
  • クロスロード【西尾鉄也/アニメーター】 (2016-01-28 02:05放送)
    まさしくプロフェッショナル
    アートに目の肥えたフランス人が没入するアニメーション。こんなすごい仕事人の手で作られているんですよね。子供の頃からの夢だからこそ、いつまでも追いかけられるのかなぁ。
  • NHKスペシャル シリーズ激動の世界 第2回「大国復活の野望~プーチンの賭け」 (2016-01-10 21:15放送)
    ロシアって⚫⚫⚫
    ロシアってなんか不気味⚫⚫⚫
    気が抜けない国ですね。
    プロフェッショナルが制作したNHKスペシャルは
    最高ですね !
    かっこいい !!
    次回も期待してます!
  • しくじり先生 俺みたいになるな!! 3時間スペシャル (2015-11-02 19:00放送)
    三人とも秀逸!今回は見逃せない!
    番組のファンで毎回見てますが今回は三人の先生の授業はみんな素晴らしい出来です。子供を持つ親なら、内村航平選手のお母さんの気持ちが分かるのでは。また、仕事でプロフェッショナルであろうと肩肘張って頑張っていた時期がある方なら、GG佐藤選手に共感出来るのではないでしょうか。
    人は失敗を経て学び、成長するのだと気づかせてくれる番組に仕上がっていると思います。オススメします。
  • プロフェッショナル 仕事の流儀▽10周年SP プロフェッショナル×岡村隆史 (2015-10-26 22:00放送)
    ファンならやってみたいであろう、プロフェッショナルと出会う旅
    個人的には岡村さんが指名されたのは高倉健さんとの触れ合い、そして健さんの懐の深さを表現するにあたっての前段的な要素があったのではないか、と思う。

    個人的には挟土さんの親しみやすく人間らしい姿が田中泯さんのとの対話だけではわからなかった魅力として伝わってきてよかった。
  • プロフェッショナル 仕事の流儀▽10周年SP プロフェッショナル×岡村隆史 (2015-10-26 22:00放送)
    岡村隆史の自分探し旅って感じ。
    10周年記念としての「プロフェッショナル」の特番でなければ、好きなんだろうなぁって感じで終わったであろう番組。トーク番組としてもあくまで岡村視点なので岡村としては良かったのかもしれない。普通のトーク番組って感じでしかみれないなぁ。

    でも、その中でも坂東玉三郎の語る生き方は、ロングタームの明確な目標ではなく今与えられた仕事を精一杯やる、そのためには何をすべきか、それがその次につながるみたいな。
    原始仏教の教えにつながるようなことを言っていることに非常に興味を持った。

  • プロフェッショナル 仕事の流儀▽10周年SP プロフェッショナル×岡村隆史 (2015-10-26 22:00放送)
    松本・内村に続き、岡村を引っ張りたいNHK
    放送前から注目されていたが、過去に出演したプロフェッショナルの元に、岡村隆史が訪れるスピンオフ。
    岡村は、別にアナウンサーとかでも事足りる存在でしかなかった。
    番組と同時刻にスタッフらによるニコニコ生放送が行われていた。
    スポーツなど補足があれば助かる番組の実況放送は意味があるが、このプロフェッショナルは会話を聞く番組なので、更にニコ生で会話されるのは、本編に対し邪魔でしかなかった。

    松本人志と内村光良にコント番組をやらせたNHK。
    次は岡村隆史にやってもらいたいのではないかと想像している。
  • プロフェッショナル 仕事の流儀▽10周年SP プロフェッショナル×岡村隆史 (2015-10-26 22:00放送)
    ん?なにこれ?これプロフェッショナル?
    プロフェッショナルの構成がひどい。岡村さんの5年前の突然の休養なんて興味ないんですけど。NHK大丈夫ですか?10周年スペシャルがこれでいいの?
  • 浦沢直樹の漫勉「藤田和日郎」 (2015-09-11 23:00放送)
    何回も書き直すそのわけは?
    番組内で10回近く登場する妖怪の目を書き直す。
    それは頭の中にある映像に近づけるために。
    自分が納得してしまえば通ってしまうのだがそれを許さないのがプロフェッショナルたるプライドなんでしょうね。


    マンガを読むのがまた一つ面白くなる番組です
  • NHKスペシャル「新島誕生 西之島~大地創成の謎に迫る~」 (2015-08-23 21:00放送)
    圧倒的な映像!そして科学的探求に燃える研究者たち!
    数字も評判も良かったNスペを1週間遅れで視聴!ドローンの映像がやっぱりすげえ!!そしてプロフェッショナルな技とワクワクしながら歓声を上げる研究者たちがすばらしい!
  • 世界の果てまでイッテQ!登山部マッキンリーSP イモト北米大陸最高峰への挑戦! (2015-07-26 19:58放送)
    5000m以上の山にチャレンジ出来るのはラッキーな人だ。
    私の感覚、経験から、5000mを超えると途端に別世界に感じる。体力的にも経費も結構負担がかかってくるが仕事でプロフェッショナル付き添いでチャレンジ出来るイモトって人は本当に運の良い人だと思う。
  • プロフェッショナル 仕事の流儀「菓子開発/マーケター・小林正典」 (2015-06-22 22:00放送)
    想いを人と共有し、ブレイクさせるためには練って練って、噛み砕かないと行けないんですね
    小林正典さん。営業視点での「こうしたらいいのに」という心を強く持っていたが、いざマーケの現場に行くと、ブレイクするためのアイデアは、形にはできるものではなかった。
    一度はブレイクしたもののブレイクも続ける自信にできていなかった。
    やがてターゲット、シチュエーション、競合、USPなどを明確にするためには人と一緒にやっていかなければいけないことに気づく。
    マーケッター、そして組織でそれを達成するチームメーカーとしてのプロフェッショナルの姿がここにあった。
  • ヨルタモリ【葉加瀬太郎がバイオリンで酔わせる】 (2015-05-24 23:30放送)
    葉加瀬太郎の解説実演する世界のバイオリンの弾き方

    アイルランドのバイオリンの弾き方、インドのバイオリンの弾き方、さすがプロフェッショナルだなと感じました。

    頭出しリンクはコチラ。情熱大陸のテーマもやります。
    http://site.garapon.tv/g?g=1SJP7DC31432477800&t=337
  • プロフェッショナル 仕事の流儀「コンシェルジュ・阿部佳」 (2015-02-16 22:00放送)
    なんて素晴らしい職業コンシェルジュ
    今までコンシェルジュとはただの案内係りくらいに思っていました。
    仕事ぶりを拝見させて頂きまさにプロフェッショナルとはこういう
    事だと思い知らされました。
    きめ細かい配慮に堂々とした接客、もの凄くカッコよくそして憧れ
    ました。
    接客を仕事にしている私も少しでも近ずけるように日々努力せねば
    と心新たにしました。
  • <NONFIX>『東京地下世界』~わたしの知らない ワタシの街~<Wナイト> (2015-02-19 02:10放送)
    日本の”足跡”が眠る場所~今夜も地下で夢を膨らませる
     東京の地下世界をシンプルな映像で見せてくれる番組。最初はメジャーどころから始まるので、ありきたりと思っていたら、それを裏切ってくれる映像が出てきます。

     東京メトロの清掃員の方が、ここ10年の変化はなんですか? という質問に対して、ケータイ・スマホを挙げた後に、男性用トイレに比べ女性用トイレの汚さを挙げていたのが印象的。

     国立国会図書館の地下所蔵空間の撮影は珍しく、新聞をテーマごとにスクラップしていたのには驚いた。現在では新聞がデータベース化されているので、徐々に役割を終えつつあるが、プロフェッショナルが後世に情報や風俗を保存している事に感銘を受けた。
  • プロフェッショナル 仕事の流儀「コンシェルジュ・阿部佳」 (2015-02-16 22:00放送)
    ぐいぐい惹きつけられる人柄
    英語力もさることながら、その人柄と高いコンシェルジュとしての能力に惹きつけられました。いろいろなお客さんがいるはずなのに、その人波をすいすいと泳いでいる感じ。気持ち良いプロフェッショナルぶりでした。
    しかし、密着されてたら仕事がやりにくいでしょうに…でもいいもの見せてもらったなぁと思いました。
  • プロフェッショナル 仕事の流儀「世界初のビル解体 技術開発者・市原英樹」 (2015-02-09 22:00放送)
    静かに周りを巻き込んでいく力
    日本人ならではの国民性を見た。このひとつひとつの技術や、人から人への伝承が、東京を、日本を成長させる。

    破壊に創造を見出すプロフェッショナルの姿に感動。
  •  (放送)
    これぞプロフェッショナル
    おっとりとした風情とは裏腹に、これぞプロフェッショナルと思わせる部分が随所にある。
    現場ありき。
    それでいて俯瞰している。
    正しい状態を継続させるプロセスも過去の経験と本能から出てきた迫力を感じる。
    非常に面白かった。
  • プロフェッショナル 仕事の流儀「ウイルス学者・高田礼人」 (2015-01-05 22:00放送)
    エボラ研究者の第一人者のプロフェッショナルとは、
    「どんな仕事でもそれは自分以外の誰かのために役に立っているものだと思うんですよ。
    だからそのために自分のできる事とか自分のオリジナリティーをちゃんと活用している人だと思います。」
  •  (放送)
    シェフの人間的魅力が素晴らしい
    ケーキづくりにおける味の決め手は、お客様だけでなく弟子たちへの愛情とプロフェッショナルとしての責任であろうか。シェフの人となりが素晴らしい。
  •  (放送)
    ミッツコメントと小柳ルミコレオタードV字くいこみ変遷が最高におもしろい
    しかし、確かに、特に34分あたりからのヒーローは最高。
    踊り、歌、演出は、ちょうどゲストのAKBの口パクとは対照的な、小柳ルミコのプロフェッショナルな作りこみに拍手。
  •  (放送)
    ゴミ収集の方々に見入った
    7年前のコンテンツながらいい番組をみせていただいた。生活を支えて下さってるプロフェッショナル。ガスボンベやライターが100件超の火災を引き起こしてる。
  •  (放送)
    同時期放送のドキュメンタリーと
    続けて観るとなお楽し。

    NHKの「プロフェッショナル」でこの撮影に密着取材していました。

    「そろそろ本音を語っておかないと…」となんとも意味深なことをら仰られていました。

    亡くなったのは残念なことですが、素晴らしい人生を生きられた方だとうらやましく思います。
  •  (放送)
    燃料電池自動車の時代が近づいてきた
    ずーっと前から気になっていた燃料電池自動車がやっと現実的な価格になってきたようです。きっと価格が安くなった裏にはプロフェッショナル仕事の流儀で取り上げられたような、自動車メーカー開発担当の人の凄まじい努力が隠れているんだろうなぁ、と思いながら見ていました。今後燃料電池自動車が普及するといいですね
  •  (放送)
    この魚屋の品質はハンパでは無い!
    彼はこう話す

    「魚屋なんで、魚では負けたくないんですよね」

    続けざまに言う

    「なんで魚屋なのに最高のモノが無いんだ!」

    なるほど
    これは確かに
    プロフェッショナルだな
  •  (放送)
    いつもとちょっと趣の異なるプロフェッショナル
    “魚”にまつわる複数のプロが主人公という回。むしろ魚好きは必見。自然、魚、そして客相手に動ぜずひたすら自分の道を進む…。魚が食べたくなる~!
  •  (放送)
    会社員でここまで本気な人がいたとは
    経営者と見間違えるほどの意識の高さと姿勢はまさにプロフェッショナル。ここまで本気に取り組むマーケターがいれば成功確立が高いのは納得できる。
  •  (放送)
    やっぱりこのHEROはちょっと浅いなぁ
    「HERO」のこのシリーズは、どうも内輪の東京地検城西支部ネタのみで終始しちゃっているきらいがあるかも。もっとそこから普遍性のあるメッセージが欲しいところ。2001年の第1期には、真のプロフェッショナルとはどうあるべきかというシリーズを通して一貫したテーマが明快だったんだけど・・・。キムタクの成長ぶりがほとんど見えないのもマイナス材料。13年たった男の成長ぶりを見せてほしいところ。
  •  (放送)
    地域に根付いたプロフェッショナル!
    北海道の三つ星フレンチシェフ・中道博が今回のプロフェッショナル!一時は中央から離れて地域でシェフをやることに悩みながらも、地域の食材の良さを活かした料理に目覚めていくさまがよかった。食べに行きたい!
  •  (放送)
    今回の川越人足を現代にタイムワープさせて、番組タイトルをアレンジした。
    プロフェッショナル仕事の流儀
    客のために常に最善を尽くす
    川越人足 竹蔵
    <結びナレーション>
    「危険を顧みず仕事に挑んだ川越人足たち。
    その名前が歴史の教科書に載る事はない。
    だが責任感あるその姿は記録に値すべきものであった。
    彼らのような名もなき人々の営みが歴史をつくっている。」

  •  (放送)
    久しぶりに観てみましたが。
    あいかわらず夏目さんが飾りになってしまっていました。アナウンサーなんだから、もっと色々やらせてあげればいいのに、このままでは誰でもいい番組になってしまう。題材は未来シアターやプロフェッショナルよりもオタクよりなものが多く今回も楽しいので、もっとてこ入れしてほしい番組です。